FINE CERAMICS

ファインセラミックス

  • HOME
  • 超精密セラミックス製品

LINEUP

エアー軸受案内
真空チャック
静電チャック

ステージ
精密構造部材

セラミックス
ファインセラミックスとは?

「セラミックス」とは、土などの天然素材を「焼き固めたもの」という意味で、従来は陶磁器・レンガなどの窯業製品のことを指していました。
これに対し、当社が制作するセラミックスは「ファインセラミックス」と呼び、原料を科学的に配合し、新たに優れた特性を持たせ、セラミックスの性能を最大限に発揮させたものを指します。
耐摩耗性・耐蝕性・耐熱性に優れ、合成された新素材としてはダイヤモンドに次ぐ高硬度を持ち、同時に高絶縁性があります。また熱変位が非常に少なく、経年変化がありません。
その優れた特性により、超精密加工機や精密測定器・半導体・液晶パネル製造装置など、高精度が要求される機械や機器などの構造用部材に採用されています。
さらに、従来の金属素材では困難とされていた用途へと応用範囲がますます拡大しています。

※動画を再生されますと音声が流れます。

世界最大級サイズも
超精密に

当社では、アルミナセラミックス構造体で世界最大級サイズの製作が可能です。
最近の超精密加工機(ナノマシン)や液晶パネル製造装置などに代表される精密機械装置は、従来の金属材料構造体では要求精度が維持できずセラミックス構造体に変わりつつあります。

業界最大級サイズの焼成が可能な焼成炉

弊社セラミックスシリーズの素材

アルミナセラミックス
Alumina ceramics

セラミックスの中でも最も代表的な素材です。
酸化アルミニウムを主成分とし、サファイヤと同じコランダム結晶で構成される結晶体です。
高強度、耐摩耗性、耐蝕性に優れており、電気絶縁性が高いなどの特徴があります。

ジルコニアセラミックス
Zirconia ceramics

酸化ジルコニウムを主成分とし、高温焼結・部分安定化した緻密なセラミックスです。
耐靭性、高強度、耐摩耗性に優れ、特にセラミックスの中では群を抜く高い靭性を持ち「欠けやすさ」を解消する材料として期待されています。

コージェライトセラミックス
Cordierite ceramics

酸化マグネシウム、酸化アルミニウム、二酸化炭素を主成分とし、軽量、低熱膨張率、耐熱衝撃性に優れています。
一般的に難しいとされている大型部品にも対応可能です。

素材特性表

材料アルミナ
Al₂O₃
コージェライト
2MgO・2Al₂O₃
・5SiO₂
ジルコニア
ZrO₂
鋳鉄
FC25
ステンレス
SUS304
アルミニウム
Al5052
石材
班レイ石
品番SA812SA610SA509SA511SABR6SABZ1
外観乳白色茶系色茶系色茶色黒色黒色白色白色
含有量99.5%83%83%85%70%80%
比重3.93.63.53.43.63.72.56.07.882.72.8~3.0
吸水率 %000000000000.03~3.0
硬度 GPa(HV10)1611129910912.36.23.86
曲げ強度 MPa390310270250240310160120040030~50
ヤング率 GPa3702602502302102601302001102007030~90
破壊靭性 
K1CMPa・m¹/²
3.23.93.43.62.83.41.58.0
比熱 x10³J/kg・K0.960.80.770.780.750.80.78
熱伝導率 W/m・k2311.216.711.86.88.44.73.03.04616.7237
熱膨張係数 
x10⁻⁶/℃
(30~100℃)
5.84.45.25.75.35.10.1(20~25℃)
0.1(22~23℃)
9.18.417248
体積抵抗率 
Ω・cm(20℃)
>10¹⁴>10¹²>10⁷~⁸10¹⁰>10⁸~⁹>10¹²>10¹⁴>10¹²
誘電率109.99.59.8
耐薬品性
特徴高硬度・耐摩耗性・耐蝕性低反射高硬度
耐摩耗性
耐蝕性
低熱膨張
軽量
耐熱衝撃性
高靭性
高強度
耐摩耗性
高純度弱導電性
備考酸化物比較参考データ
大型成形可