金型の仕上がりで製品の精度が変わります

私たちの身の回りにある、あらゆる製品は様々な種類や形や大きさの「金型」を利用して作られており
製品の性能は金型の精度で決まるといっても過言ではありません。
「金型」にはいくつかの種類があります。

金型の仕組み例

1.金型を閉じる

2.圧力をかけて金型に樹脂を押込む

3.冷却後、金型を開き成形品を取り出す

金型の種類

プレス金型

主に抜き型・曲げ型・絞り型・圧縮型等に分類されます。
材料の鋼板、非鉄金属などをプレス用金型で加工し、自動車・家電・雑貨など様々な製品の部品として製造されます。

鋳造用金型

シェルフモールド・ロストワックス・重力鋳造や圧力鋳造等の各種金型に分類されます。
主にアルミ合金等を材料として、工業用部品・検査機械部品・農業機械部品等の製造されています。

プラスチック用金型

射出成形・圧縮成形・移送成形・吹込成形・真空成形等に分類されます。
主にプラスチック材料を加工し家電や自動車・雑貨類などの様々な製品の部品として製造されています。

ゴム用金型

工業用部品・自動車部品や履き物等の製品を製造します。
成形される部品の主なものにタイヤや靴など多様な製品があります。

鍛造用金型

熱間鍛造・冷間鍛造等の型に分類され、棒網材や非鉄金属等を材料として自動車の重要保安部品、建設機械部品等の製造しています。
加工される部品の主なものに自動車のクランクシャフトやオートバイ部品・ジェット機などのファン等があります。

ダイカスト用金型

鋳造型の一種で、材料であるアルミ合金、亜鉛合金等を加工し、自動車、精密機械、家電等の部品を製造するために用いられます。
加工される部品の主なものに自動車のエンジン回り、カメラのボディー等があります。

ガラス用金型

押型と吹型があります。ガラス材料を成形して、ウイスキーボトルやビールビン、照明器具部品、食器類等のガラス製品を製造するために用いられています。